アロマテラピーの人への作用

アロマテラピーには三つの作用があり人への作用はこの三つから体に働きかけ癒しや緩和の手助けとなっています。

1.心への作用

アロマオイルの香りが鼻から入り脳を刺激することにより、エンドルフィン・セロトニン・アドレナリンが分泌さます。
このことにより多幸感や情緒の安定・前向きに考えるなどといった作用が働きます。また、人間の本能行動や欲、自律神経系の働きを調整してくれることにより不調を緩和してくれるようです。

2.体への作用

筋肉痛の沈静・免疫系の強化・抗菌作用・血流促進・リンパの流れを促す・胃腸の働きを良くする・肝臓腎臓の強化など、アロマオイルの種類により異なりますが体の不調へ直接働きかけるものがあります。
これは、体へ直接つけることにより皮膚の中へ入り血管の中を巡ることで成分が不調へ働きかけるというものですが、医療目的ではないのであくまでそう言われているという見解のようです。

3.肌への作用

アロマオイルの中にはスキンケアに最適なものがあり、殺菌作用や鎮静作用によるニキビや赤み・しわ・しみ・アンチエイジングに効果があるともされるものもあります。